2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ずずの子分 参上

 はりー 元♂ 2009年7月生まれ


2009.11 猫 022


この子も ネコおばさん経由でわが家にやって来ました






はりーは 道路わきの 歩道の草むらにいるのを保護されました
(ずずと 一緒のパターンです)


県内にある総合病院の守衛さんから ネコおばさんに託されたらしいです






守衛さんから託された直後 ねこおばさんが外国へ行く用事が出来

「 子ネコを預かって欲しい 」と連絡がありました






700gの小さな子ネコでした


離乳はしていましたが小っちゃくて折れちゃいそうなくらい
細かったです






リビングへ入れて見ると れお・ぎんは思ったとおり 
「 シャーシャー 」言ってます


ずずは 怒ることもなく 興味津々で ずっと後を追ってます


遊び相手になってやり 舐めてやり トイレが終わると砂かけしてやるんです


保父猫のずずが 砂かけしてやってたので いまだにブツむき出しです






れお・ぎん・しろおは 日中ほとんど 寝たきりネコなんでおもしろくないのでしょうが

はりーは チョコチョコ動くので 楽しいんでしょうね



また 別名ジャイアンの ずずがこんなに面倒見が良いとは思わなかったです


毎日からまれていた れお・ぎん・しろおは おかげで平和になりました


1週間後 はりーを返したら ずずがヒマになり またバトル再開するんだろうな・・・ と思っていました




054.jpg



はりーの名付け親は お父にゃんです


チマッと座ってると はりねずみ みたいだったからだそうです


ハリーポッター かと思いましたが おじさんなのでそんなシャレたもんじゃなかったです


お父にゃんが 「 もう うちの子にしようや 」


と言ってくれ わが家の子になりました






はーちゃん(はりーの通称)は とにかく良く食べます


わが家で1番の大食いです (ただ今 5.8㎏)


ちなみに人間で言えば小柄な人です


子ネコは満腹中枢が完成してないから良く食べるそうです


ネコおばさんから聞きました 「 良く食べるし良く飲むんよ 」






でもね・・・


今も 大食いなんですけど(2才)


ご飯も お水も ワンコみたいな食べ方 飲み方です




はーちゃんは ジャイアンに育てられたため プチジャイアンです






わが家で唯一の 「 カギしっぽ 」 の持ち主です


母は そのカギで いつか宝くじを当ててくれると信じています




にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村






スポンサーサイト
[ 2011/09/16 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

お~れは ジャイア~ン

  ろーず 元♂  2008年7月生まれ


2008年10月1日の朝・・・

私の軽四の辺りからネコの鳴き声がする

お父にゃんを 叩き起して エンジンを開けてもらうと

小っちゃな白猫発見


ねこ08.10 011





お母にゃん    「 うわっネコ  どうやって出すんよ 」
 

お父にゃん    「 カリカリやってみよう 」



エンジン部分へカリカリを入れた小皿を置いてみる


おなか空いてたんでしょうね警戒心ゼロで食べてました


取りあえず エンジン部から救出したものの


「 じゃあ 元気でね~ バイッ 」


と言うわけにもいかず わが家の子になりました






しろおが うちの子になって しばらくたった時に お父にゃんが言いました


「 うちは人間の子も男で ネコの子も来るのは男ばっかし

女はおらんのんか女は ええのぉ お前は

 いっつも男がそばにおって 逆ハーレムじゃのぉ 」


(逆ハーレムって相手オス猫だし 今はオカマ猫だし

       で・・・   なんで 外人の名前ばっかしだんだ)






れお・ぎん・しろおはオス猫にしても大きい方だと思います


ネコを知らない お父にゃんはメス猫って

声も可愛くて体も小っちゃくてと・・・


勝手に空想していたらしく

「 女の子も抱っこしてみたい 」 と言ってました






ろーずの名前の由縁ですが・・・



お父にゃんが好んでた名前の1つに 

「 ろーず 」と言う名前がありました



で 来たのが男の子だったのですが

名前くらい可愛くと思い 「 ろーず 」にしました





わが家の リビングへ入れてみたところ・・・


部屋の中を縦横無人に走り回り


初対面の先輩ネコの背中にムササビのごとく飛びかかっていく


カーテンレールからカーテンレールへ飛び移る


お母にゃんは カーテン登りをするネコを初めて見ました(唖然)


この瞬間から 別名「 ジャイアン 」 となりました


006.jpg





ろーずには 裏話がありまして・・・


ろーずは わが家の兄ちゃんが拾ってきた子です実は


本屋へ行く途中 道端から 子猫の鳴き声がしたそうです


れおが わが家にきて以来 ネコ好きになってしまった兄ちゃん


気になり見まわしてみると 歩道わきにある 草むらに子猫が1匹いたそうです


さわって見ると人間に対して非常にフレンドリーな子で後を追ってくるそうです


可哀そうになり自転車の前カゴに入れわが家に連れ帰ったそうです


家まで帰ったとき ネコが前カゴから飛び出て いなくなってしまったそうです


兄ちゃん 連れ帰ったことを 私たちに黙ってたんです


家には すでに3匹いるし叱られるかも・・・


と思ったのでしょうかね


お父にゃん・お母にゃんは この事実を知りませんでした







ずず(ろーずの通称)が来て半年たった頃



兄ちゃん   「 ずずの事なんだけどさ~ 

         あれ俺が草むらから連れ帰った子なんよなぁ 」



お母にゃん  「 はぁ~ 聞いてないし 」



兄ちゃん   「 初めて言うし 」



お母にゃん  「 なんで黙っとるんよ 」



兄ちゃん   「 いやぁ・・・ 言おうかと思ったんよ        
          でもさぁ 連れて帰ったら カゴから飛び出して どっか
         行ってしまったんよ~       
         その辺 探したんじゃけど~ いなかったんよ・・・ 」







ビックリです 


車のエンジン部にネコが入ってることに ビックリしたけど


実は 兄ちゃんが連れ帰ったネコだなんて またビックリです



わが家の日常会話で ずずの話が普通に出てくるので そろそろ時効かなと思ったみたいです






お母にゃん   「 ちょっと ちょっと 仔猫が 車のエンジンに入っと
          んよ 」


兄ちゃん    「 ふ~ん 白い仔猫じゃろ オレ昨日の帰りみたし 」


お母にゃん   「 えっ 見ないん 可愛いよ 」


兄ちゃん    「 ええわ 昨日見たし・・・ 」



なに この感動の薄さ・・・


と思ったもんです 当たり前ですわな


昨日 自分が連れ帰ってたネコなんですから





ずずは 今も わが家の ジャイアンです・・・


   にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
にほんブログ村
  
[ 2011/09/15 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

つらいことたくさんあったニャ

しろお 元♂ 2004年9月生まれ


猫2010.03.12 004



しろおと言いますしろおは子猫のときの写真がありません

しろおが3才のときに 私たちは出会いました





この子もネコおばさん経由でわが家にやってきました


しろおは元々ネコおばさん経由で別のお家の子になってました


しろおの最初の飼い主さんも わが家と同じく譲渡会でしろおに出会い家族になったそうです


ご夫婦・息子さんの3人家族のお家です


奥さんが日中1人で寂しいからと譲渡会へ来られたそうです





しろおが家族になり1年後くらいだったかと・・・

しろおが1匹で寂しいとのことで さばトラちゃんも家族にされてたそうです





しろおが そのお家の家族になり3年近くたった頃 奥さんが突然に亡くなってしまいました

ご主人は基本的に犬も猫も嫌いじゃないけど好きでもない人らしいです


仕事もあるし2匹も飼えないなついてるさばトラは飼ってもいい
もう1匹(しろお)は保健所へ連れて行くと・・・

譲ってもらったからか保健所へ連れて行く前にネコおばさん宅へ事情の電話があったそうです



そんなことをするなら私が引き取ると保護猫として しろおはネコおばさん宅へ戻ってきました





通常「ネコあげます」とかボランティアされてる方から譲渡される猫は完全室内飼いが条件です


しろおも最初はそうだったらしいです

ネコおばさんが迎えに行ったとき しろおは室内外OKな猫になってたそうです


白猫なんですが薄汚れてて体中キズだらけでした(何かで小突かれた後がたくさんあった)





よくよく聞いてみると ご主人は猫なんていても いなくても良い存在だし息子さんはネコ嫌いらしいです


朝晩ご飯時だけ家に帰って食べたら日中と夜中は何処か外へいたそうです

ネコおばさんは、もう1匹のさばトラちゃんも もちろん強引に連れ帰ったそうです





ネコおばさん宅は保護猫・わが家の猫を含めると常時10匹はいるそうです

ネコおばさんが連れ帰り わが家のリビングへ入れて見ました

するとネコおばさん宅の猫と どうしても相性が合わない猫がいるらしいです





そこで私に連絡がきました

「新しい家族を見つけるから それまでステイ猫として預かってくれないだろうか


お父にゃんに相談して預かることにしました非常に気軽な気持ちで





れお・ぎんは あまり鳴かないし壁もガリガリしないし非常におとなしいネコです

ネコってこんな動物だと勝手に思ってました





わが家へ しろおを連れ帰りご対面

れお・ぎんは自分と同じくらいな大きさの知らないヤツが来てシャーシャー言ってました





で・・・  このしろお 
鳴くんです昼夜を問わずとにかく鳴く

かと言って誰かに危害を加えるわけではないのですが


抱っこすれば鳴きやみます 降ろすと鳴くの繰り返しです






しろおの気持ちも分かりますよね

信じていた人が突然いなくなり痛いことをされお腹いっぱい食べることも出来ず自分の居場所も無くなりパニックでしょうね



鳴くと言うより雄たけびみたいで


2週間くらいでしょうか

とっても静かになりました

鳴くのを止めたら今度は寝るんです

とにかく寝る 1日20時間以上は寝てると思います





ステイ猫なはずが情がわいてしまいネコおばさんに帰せなくなり今も、わが家にいます






今もれお・ぎんとは相性あまり良くないですが人間は大好きです

お父にゃんお母にゃんどちらかのそばにいます

人間との会話も上手く「し~ろちゃん」と呼べば返事をしてくれます

外出から帰ったらたいてい玄関へ迎えにきてくれます






しろおは あまりにも良く寝るので大丈夫かと思うことがあります

寝てると昔のつらかった頃を忘れることができるんでしょうかねぇ



[ 2011/09/13 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

まだまだ育ちざかり

わが家の重量級ぎんです(通称:ぎんぎん) 7.8㎏です

             ぎん

2005年9月生まれ 元♂

れおのお友達に迎えた子猫ちゃんです後ろ右足の先っちょがありません
ぎんは畑でノラ母さんが産んだ子です

ノラ猫・捨て猫の保護活動をされてる方っておられますよねその方から譲ってもらった子です

その保護活動されてる方わが家では(ネコおばさん)と呼ばれています

そのネコおばさんが聞くには畑の地主さんはネコがお嫌いだそうです


その畑の近辺ではノラ母さんが子供を産んでると話は聞いていたようで地主さんにノラ猫を保護するので猫キャッチャー(ネズミ捕りみたいなもの)を畑に置かせて欲しいと頼んでいたようですが聞く耳の無い地主さんだったようです

まぁ ノラ猫って畑は荒らすし勝手にトイレにしちゃうし嫌われるの当たり前なんですが・・・


キャッチャーを置かせてもらうのは了解を得たみたいなのですが同時にワナも同時に置かれてたようで・・・

保護できた時には後ろ右足が無かったようです「たぶんワナにかかったんだろうと」


わが家には私が子供のころ柴ワンコがいましたこのワンコも右後ろ足がありませんでした

散歩中に何かを踏んだらしくその場所から化膿したらしく根元から切断となりました


ぎんを初めて見たとき昔の柴ワンコが思い出され どうしてもわが家に迎えたくなりました
そんな訳で生後3ヶ月の時わが家にやってきました


ぎんもわが家へきた時は小さかったんですよあれよあれとと言う間に成長しちゃって今や8㎏手前です

背骨は見当たりません首の後ろまでみっちみち~です


追々に紹介しますが体の割に弱いんですよねこれがまたビックリするくらい

別の言い方すれば優しいんですけど


わが家のニャンズは自己主張の強い子ばかりなんですがぎんちゃんは自分から甘える事が下手です

ハッと気づいたら女優の子さんみたくドア越しに見てます家政婦は見たみたく


そんなシャイなぎんが大好きですお互いメタボに気をつけ仲よくできたらと思います


      img002.jpg  ぎんも昔は こんな小さかった













[ 2011/09/11 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

猫ブログはじめました

はじめまして reogin と言います


数々よそ様のわんにゃんブログを拝見してきました
みなさんの有り余る愛情がブログから感じられ癒される毎日です


今さらながらですが私もわが家のネコ自慢をしたくなりブログに参加しました
家族構成はニャンズ+お父にゃん・お母にゃん・兄ちゃんです
果物のモモがおいしい岡山県へ住んでいます


基本ネコ自慢ブログですがたまに人間も見え隠れします
超初心者で文章力もないので誤字・脱字・岡山弁があるかと思いますがよろしくお願いします



れお

 れお 元♂  2004年4月15日生まれです



元々はワンコ派だった お母にゃん

飼ったことも無く お外をパトロール中のネコしか見たことなかったので
それまでのネコのイメージは・・・  こちらから寄って行くと逃げちゃう


ハッと視線を感じて振り向けば塀の上からジッとこちらを見るネコさん(怖い)こんなイメージでした


出会いは知人から「ネコいらな~い?」と言われたこと「えっ~ネコ?イヌしか飼ったことないし・・・」

それが7年前。そんなこんなで生後4カ月の灰色ネコとご対面しました


でもネコ初めてなんでネコ種も知らなくて
「ロシアンブルー?ロシア出身のネコ?だってアメリカンショートヘアーってアメリカから来たネコなんでしょ?」
てな感じでした

ネコ知らない私でもアメショーは時のブームでテレビ出演等よく見ましたのでさすがに知ってました


ワンコって室内飼いなら定期的にシャンプーしないと体臭モリモリで
トイレのしつけにも苦労してると友達から聞いてたし感情的にならずしつけるなんて
ものぐさなお母にゃんには無理無理と思っていたのでペット飼育はあきらめてました


でも飼ってみるとネコってすごいとってもお利口さん
トイレなんて教えなくてもその日から間違えずシャカシャカしてくれる


名前を呼べば「ニャ~」と振り向くしネズおもちゃで遊びたいと自分からくわえてきて人の前にポトッと落とす

投げてやると拾ってきてまた落とす
 結構イヌっぽい


この瞬間ネコ派になっちゃいました
この日かられおはペットではなく家族になりました
エサではなくご飯です


れおは兄ちゃんが大好きです
当時小学生の兄ちゃんもれおが大好きで今なおラブラブな仲です


自他ともに認めるネコばかです

出会ってから7年れおもシニアネコの仲間に突入いたしました

これからも今のまま病気知らずで元気なおじいちゃんニャンコを目指してもらいたいと思います


img001.jpg

わが家にきた頃のれおです
すでに2.8㎏ありましたでかい


これからチビチビわが家のネコ自慢していけたらと思います
私は岡山で生まれ育ち40何年経ちました
自分は標準語で喋っているつもりでも全く岡山弁の事が多々あるようです

そんな文章があれば「これって何どういう意味」と聞いていただければと思います

では末長くブログ継続できますよう よろしくお願いします
[ 2011/09/10 ] プロフィール | TB(0) | CM(1)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。