2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

つらいことたくさんあったニャ

しろお 元♂ 2004年9月生まれ


猫2010.03.12 004



しろおと言いますしろおは子猫のときの写真がありません

しろおが3才のときに 私たちは出会いました





この子もネコおばさん経由でわが家にやってきました


しろおは元々ネコおばさん経由で別のお家の子になってました


しろおの最初の飼い主さんも わが家と同じく譲渡会でしろおに出会い家族になったそうです


ご夫婦・息子さんの3人家族のお家です


奥さんが日中1人で寂しいからと譲渡会へ来られたそうです





しろおが家族になり1年後くらいだったかと・・・

しろおが1匹で寂しいとのことで さばトラちゃんも家族にされてたそうです





しろおが そのお家の家族になり3年近くたった頃 奥さんが突然に亡くなってしまいました

ご主人は基本的に犬も猫も嫌いじゃないけど好きでもない人らしいです


仕事もあるし2匹も飼えないなついてるさばトラは飼ってもいい
もう1匹(しろお)は保健所へ連れて行くと・・・

譲ってもらったからか保健所へ連れて行く前にネコおばさん宅へ事情の電話があったそうです



そんなことをするなら私が引き取ると保護猫として しろおはネコおばさん宅へ戻ってきました





通常「ネコあげます」とかボランティアされてる方から譲渡される猫は完全室内飼いが条件です


しろおも最初はそうだったらしいです

ネコおばさんが迎えに行ったとき しろおは室内外OKな猫になってたそうです


白猫なんですが薄汚れてて体中キズだらけでした(何かで小突かれた後がたくさんあった)





よくよく聞いてみると ご主人は猫なんていても いなくても良い存在だし息子さんはネコ嫌いらしいです


朝晩ご飯時だけ家に帰って食べたら日中と夜中は何処か外へいたそうです

ネコおばさんは、もう1匹のさばトラちゃんも もちろん強引に連れ帰ったそうです





ネコおばさん宅は保護猫・わが家の猫を含めると常時10匹はいるそうです

ネコおばさんが連れ帰り わが家のリビングへ入れて見ました

するとネコおばさん宅の猫と どうしても相性が合わない猫がいるらしいです





そこで私に連絡がきました

「新しい家族を見つけるから それまでステイ猫として預かってくれないだろうか


お父にゃんに相談して預かることにしました非常に気軽な気持ちで





れお・ぎんは あまり鳴かないし壁もガリガリしないし非常におとなしいネコです

ネコってこんな動物だと勝手に思ってました





わが家へ しろおを連れ帰りご対面

れお・ぎんは自分と同じくらいな大きさの知らないヤツが来てシャーシャー言ってました





で・・・  このしろお 
鳴くんです昼夜を問わずとにかく鳴く

かと言って誰かに危害を加えるわけではないのですが


抱っこすれば鳴きやみます 降ろすと鳴くの繰り返しです






しろおの気持ちも分かりますよね

信じていた人が突然いなくなり痛いことをされお腹いっぱい食べることも出来ず自分の居場所も無くなりパニックでしょうね



鳴くと言うより雄たけびみたいで


2週間くらいでしょうか

とっても静かになりました

鳴くのを止めたら今度は寝るんです

とにかく寝る 1日20時間以上は寝てると思います





ステイ猫なはずが情がわいてしまいネコおばさんに帰せなくなり今も、わが家にいます






今もれお・ぎんとは相性あまり良くないですが人間は大好きです

お父にゃんお母にゃんどちらかのそばにいます

人間との会話も上手く「し~ろちゃん」と呼べば返事をしてくれます

外出から帰ったらたいてい玄関へ迎えにきてくれます






しろおは あまりにも良く寝るので大丈夫かと思うことがあります

寝てると昔のつらかった頃を忘れることができるんでしょうかねぇ



スポンサーサイト
[ 2011/09/13 ] プロフィール | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reo500.blog.fc2.com/tb.php/4-cc6f55db














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。