2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やっと分かってもらえた

また病院ネタなんですが。。。

日曜日に しろおとずずを病院へ連れて行った時なんですが

しろおは普段から手足が良く震えます

キャリーから しろおをビヨヨ~ンと出した瞬間に この震えが来たんです


すると先生  「 この子は いつも こんな感じで震えるんですか? 」 と聞かれました

「 はい。時間は決まってはないですが 定期的に震えが来ます 」 と私の返答


先生 しろおの背中を上から下へ触っていって一言



「 ここの腰の神経を損傷してると思います。歩き方も変じゃないです?

                 何か強い衝撃とかありました? 」 と言われたんです



しろおしろお2
こんな風に歩いてると右手右足が一緒に出るって言うか歩き方がカクカクした感じなんです



そうなんです。 しろおはロボットみたいな歩き方でね。。。

しろおは 今9歳ですが 3歳で私が出会った時から この震えがあったんです

しろおと出会って6年間 今回の病院で4件目

前の病院までは 新しく行くたびに 「 おかしくないですか? 」 って聞いてはいたんですが

どの先生にも手足も普通に動いてるし そう変でもないです と言われるだけで。。。

24時間と言わないでも 半日でも しろおと一緒にいれば必ず震えは出るんですけどね

病院では緊張とかあるからでしょうか

意外にしゃっきりしてるみたいで 獣医さんでも分からないみたいです

今回も分からないのを前提で 震えの事を聞いてみようかとは思ってはいました

でも今回は 先生の方から訊ねてくれました

腰の神経を損傷してると原因まで教えてくれました



しろお3
このネコ的立ち方でも前足を揃えないんです。 腰の具合で揃えられないんでしょうね




しろおは 一度は別の里親さんに もらわれて行った子なんですが その方が突然に自死されてね

それから半年くらい? ボランティアさんの元へ帰るまで 

亡くなった方の別の家族から虐待を受けてたらしいです

棒で叩いたり突いたりされてたようです (ボランティアさんが本人から聞いたそうです)

うちへ来た時も 体中がキズだらけでね

ブラシを通すたびに かさぶたが取れる状態でした 

その虐待の時に腰の神経を損傷したのかな? と全部が繋がった気がします



しろお



しろおはタワーも高い場所へは上がりません。 タンスの上とかも上がりません

そんなネコもいるんだな。。。 と思ってたんですが

先生が言われるには 



「 この子には無理です。

       上がっても上手に降りれない可能性があるので上がらせない方が良いでしょう 」


「 この子、毛繕いもしませんよね? しようと思っても腰が痛くて上半身が曲がらないでしょう 」



と言われました



しろお
しろおは いつも この行き倒れのような寝方です。 この姿勢が一番楽なんでしょうかね



しろおの姿を見て痛いし辛いんだろうな。。。 と思ってました

でも原因が分からなくて どうしてあげようにもありませんでした

今も 分かったところで何をしてあげようにもないんですが

でも 6年間も分からなかった事を 当たり前のように教えてくれた先生

私としては スゴイとしか言いようがありません

どんなに有名で立派な先生より 私には名医な先生です

私 あの先生の信者になりました。  どの先生も信頼はしてはいたのですが 

今回 初めて生涯お付き合いいただきたい獣医さんに出会った気がします

この先生を紹介してくれた ~purasu~さんにも 感謝したいです









ランキング参加しております ポチッとクリック お願いします

にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへ
 
スポンサーサイト

おはようございます。

しろちゃん、腰が悪かったんですね。
しろちゃんにとって、とても辛いことでしょう。
獣医さんで判明して良かったですね。
先生も症状が出た時に診ないと分からないものもあるようですが、先生から気づいて言って下さったというのは良かった。
私も先生に説明してもわかってもらえない時が有るので結構ストレスになります。
動物、人間、腰は大切ですもの、そこに震えるくらいの痛みがあるというのは相当辛いことでしょう。
元飼い主さんの別家族?虐待?ううううんんん………
しろちゃん、今はreoginさんの所でとっても真っ白で綺麗な猫となって良かった!
良い先生にも巡り合えて良かった!
[ 2013/09/26 08:18 ] [ 編集 ]

しろおさん良かったね、いい先生に巡り合えて

そんな過去があったんですね

辛かったろうに

でも今はreoginさんのところで幸せなのが分かります^^

腰はなにか治療されるんですか?

しろおさん少しでも楽になるといいですね
[ 2013/09/26 08:27 ] [ 編集 ]

よかった^^
おばちゃん涙が出てきました。
(仕事しろよ(笑))

動物は痛いが言えないから。。。
ほんとにお世話係が見て報告しないといけないんですよね。

でも!!虐待って!!
どうしてそんなことができるのか!!
むかついてしょうがないけれど。。。
(ぼんさんも可能性が大で。。。)

今が幸せで、それが一番なんだなと。。
そう思います。
こうしてブログを続けて、
動物のすばらしさを伝えられたらなぁと
微力ですけど^^;
[ 2013/09/26 09:43 ] [ 編集 ]

しろおがむばれ!

おいちゃんがついているぞ!

しろおくんだけじゃない!

おいちゃんもいろんなものと戦っているからな!

白髪とか、体重過多とか、奥さんからの迫害とか!

(`Д´)ξ がお~(← 奥さん)
[ 2013/09/26 09:56 ] [ 編集 ]

今・・

しろおさん・・
前よりもっと好きになったで~
そしてreoginさん、尊敬する。
しろおさんの事をわかってくれた先生も尊敬ーー
動物はしゃべれないからね・・
とっても辛い思いしたんじゃろうね。
でも、今は幸せじゃもんな!!

おばちゃん・・昼休みに泣けました。。。
[ 2013/09/26 12:26 ] [ 編集 ]

しろおちゃんに そんな痛々しい過去があったなんて、知りませんでした。
猫を虐待する人間 許せないです。
心に受けた傷も大きかったでしょうに、人間不信になることもなく、それだけは本当によかったですね。
reoginさんの 深い愛情の賜物ですね!!
6年間 わからなかった 震えの原因を的確に診断されると、その獣医師は名医になりますよね。
お気持ちわかります。
これからの しろおちゃんの猫生に、この腰が大きな支障とならなければいいですね。
[ 2013/09/26 12:49 ] [ 編集 ]

いい先生に巡り合えましたねぇ~。
しろおさん、今のママに巡り合えてよかったねぇ^^
[ 2013/09/26 13:00 ] [ 編集 ]

こんにちは。

信者って…( ̄∇ ̄;)
でも あの先生、なかなか凄いと思います。
あの先生に診てもらってたら、他に行けなくなったり…
もう諦めて?あそこに骨埋めて下さいまし~♪
[ 2013/09/26 16:05 ] [ 編集 ]

りょうさん コメントありがとうございます

何だか、いつも足が震えてる子でね~。。。
ずっと理由が分からなかったんです
実際に震えてるのを見ても何も言われない先生もおられてね
説明のしようも無いし言ってもらって嬉しかったです

虐待は自死された方(60代)の息子さん(40代)がしてたらしい
まぁ、ご飯はもらってたようですけどね
痛みの分からない人って、たくさんいるんですよね(ーー;)

[ 2013/09/26 20:11 ] [ 編集 ]

のんさん コメントありがとうございます

今回は良い先生に出会えて本当に良かったと思います
田舎の岡山には分かる先生って居ないのかな。。。
と思ってましたから(ーー;)

腰の治療って何かあるんだろうか?
この前は原因が分かった事で感激して嬉しくなり肝心な事を聞き忘れました
今度また聞いてみたいと思います(^_^;)
[ 2013/09/26 20:13 ] [ 編集 ]

しろおさんって、そんな痛みを抱えていたんですね。
ああ、言葉が話せたらどんなに良かったか‥

可哀そうに、痛くてもずっと耐えていたんだあ。
おまけに虐待までされていただなんて。
悔しいですよね、そういう子に出会うたび憤りを感じます。
いまは、reoginさんちで幸せだよね。
良い人に出逢えて良かったね、しろおさん!

そして、いい獣医さんに巡り合えて良かったですね。
~purasu~さんも、骨埋めて下さいって仰ってるし(笑)
私、今の病院に疑問を感じているので思案中です(-_-;)
[ 2013/09/26 20:14 ] [ 編集 ]

すもっちさん コメントありがとうございます

私も会社でブログ訪問して涙する事が多いです
何してんだ? って感じですよね

虐待って心が痛まないんでしょうかね~?
実の親が人間の子どもにでさえ虐待するんですからね
生きててもネコなんかどうでも良いんでしょうね

ぼんさんも虐待されたんですね
色々、苦労されてんですね
今は真ん丸お目目で幸せですね(*^_^*)
[ 2013/09/26 20:23 ] [ 編集 ]

ゲンタくんのパパさん コメントありがとうございます

しろおの事を応援してくれてありがとうございます
みんな色んな事と戦ってますよね
今も何処かで虐待されてる子居るんですよね
みんなが幸せになれる世の中になれば良いですよね(*^_^*)
[ 2013/09/26 20:28 ] [ 編集 ]

カバ丸1号さん コメントありがとうございます

私は6年間、毎日見てたのに何も出来てません
他の子と明らかに違うように思えたんだけどね
分かってくれた先生には本当に感謝しかありません
通える距離で良い先生に出会えて良かったです

私も会社で良くブログ訪問します
ちいちゃんの事も良く会社で泣けました
会社へ行って何してんだか~(^_^;)
[ 2013/09/26 20:52 ] [ 編集 ]

まぐろさん コメントありがとうございます

しろおは意外に一番の苦労ネコかも。。。
人間の実の子でも虐待する人もいる訳ですからね
もらって来たネコの命なんて、たいした事ないんでしょうね

人間不信にならなくて本当に良かったと思います
それだけが救いです
腰の痛みが、これ以上にならないのを願います(*^_^*)
[ 2013/09/26 21:00 ] [ 編集 ]

チャキアさん コメントありがとうございます

本当に良い先生に出会えたと思います
しろおは虐待されてても人間不信になってなくてね
私へのストーカーに変身しました(^_^;)
[ 2013/09/26 21:04 ] [ 編集 ]

~purasu~さん コメントありがとうございます

信者になる人の気持ち分かりますわ~(^_^;)
なかなかじゃなく、とっても凄いですよ
淡々とした喋りですけどね

私より年下ってのが良いわ
どんなに良い先生でも私より先に死んじゃったら困るからね~♪
[ 2013/09/26 21:08 ] [ 編集 ]

ひさんちさん コメントありがとうございます

しろお、ずっと痛かったんでしょうね~
冬とか特に痛んだりするのかな~。。。

虐待する人って痛がってるのを見るのも楽しみなんでしょうかね
このお家には、もう1ニャン居て、その子もちょっと変わってます
しろおもその子も辛すぎて精神的に病んでるかも

良い獣医さんに出会えて良かったです
ひさんちさん、お近くだったらね~
~purasu~さんに紹介してもらえば良いんですが(*^_^*)
[ 2013/09/26 21:24 ] [ 編集 ]

なにがあったんでしょうね…かわいそうに。怖くて痛い思いもした日々があったのかと思うと、それだけで心が痛くなります。
 昔、近所で大騒動があって、たまたま通りがかったら猫嫌いの家に生後5カ月ほどの2にゃんがいました。箒の柄でたたかれてすでに1ニャンはおびえて動けなくなって、もう1ニャンは助けたくてそこを動かずに一生懸命に呼んでるの。それでも容赦なく叩こうとするその家の人を押しのけて、2にゃんを連れ帰りました。叩かれていた子は、背骨が湾曲するほどの怪我を負わされていて、動くことができませんでした。病院に連れて行くと「子猫の場合は、神経も再生する事ができることがあるから動くことはできるようになるかも」と言われました。数か月するうちに自分で自分のことをできるようにはなりましたが、やっぱり歩き方も不自然、体をひねって毛繕いすることはできませんでした。そしてなにより人間への不信感が…かわいそうでした。でもね、その片割れの兄弟がいつも一緒にいてかばって、毛繕いしてくれていました。

 嫌いな人に好きになれとは言わないけれど、せめて小さくても命なんだということを考えてほしかったですよ。悔しくて腹立たしくていまだにその家の前に来るとその時のことを思い出します。

 しろお君も、そんな思いをしたのかな…でも今が幸せだと感じてくれているはず…それだけが救いですね。

 しろお君、いろんなことがあったのだろうけどイヤなことはみんな忘れてしまおうね。
なんだか、涙が出てくるな…
[ 2013/09/27 00:18 ] [ 編集 ]

まめはなのクーさん コメントありがとうございます

虐待する人って心を病んでるんでしょうかね?
その人も心を病んでる引きこもりの人らしいです
やっぱり人間不信になるんですね
当たり前ですよね。 何を信じたら良いんだって感じでしょう
しろおを虐待してた人は男の人でね
しろおはお客様が来ても接待してくれるし
私が居ないときは、オットのヒザ上で暖を取ってます
人間不信になってないのが唯一の救いです

私たち家族を認めてくれてたら、それだけで良いです(*^_^*)
[ 2013/09/27 05:27 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/27 08:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/09/27 12:51 ] [ 編集 ]

しろおさんにそんな過去があったなんて、信じられませんでした。
reoginさんのお家で幸せに暮らしていることが当たり前と思っていたから・・・

記事、何回も読み直しました。
その獣医の先生、素晴らしいですね。
普通、こちらから質問するじゃないですか。
それを先生の方から指摘してくるということは
動物の事を本当に知り尽くした先生じゃないと言えませんよ。

reoginさん、どうやってその獣医さんを見つけたんですか?
うちのポンもセカンドオピニオン考えたいんだけど
何を基準にして考えたらいいのかがわかりません。
やっと見つけた素晴らしい獣医さん。
羨ましい限りです。
[ 2013/09/27 15:32 ] [ 編集 ]

ポンママさん コメントありがとうございます

しろおは仔猫の時から、うちの子じゃないんですよ
初めて会ったのは3歳の頃です
初めて見た時から、ちょっと変でした

こちらから聞くのでなくて先生から訊ねてくれるのって良いですよね
良い獣医さんってナカナカ出会えませんよね(^_^;)
[ 2013/09/27 20:30 ] [ 編集 ]

泣いた

久々にブログ見た。
可哀想で可哀想で涙がでた。
しろおー(。>д<)
優しいお家にもらわれてほんとに良かったね(*^-^*)
[ 2013/09/29 20:29 ] [ 編集 ]

やよいさん コメントありがとうございます

保護された子は何かしら苦労をしてんでしょうけどね
喋れない者だから分かってあげられないですよね

しろおさん、味のあるネコですよ~(^_^;)
[ 2013/09/29 23:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://reo500.blog.fc2.com/tb.php/659-c5f872d9














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。